【風邪薬を飲むタイミング】服用するなら症状が酷い時

Pocket
LINEで送る
Share on GREE
Share on StumbleUpon

正しい風邪薬の飲み方をマスターして、より早く治るようにしましょう。ドラッグストアで気軽に買えるものですが、今の飲み方はもしかしたら間違っているかもしれません。

実は、飲まない方が治りが早くなります

風邪の原因はほとんど場合ウイルスによるもので、これに有効な薬はないと言われています。ドラッグストアで販売されているものは、どれも治すものではなく、熱を下げたり咳を抑えたりするなどの目的で作られています。

しかし、これらの症状はウイルスを倒したり体外へ排出したりするものです。それを抑えてしまい、完治までかえって時間をかけてしまうことになります。副作用のリスクもあるため、軽度のものなら飲まない方が良いと言われています。

飲むべきは、あまりに体調が酷い時です。何も食べられない、まったく眠れないという時は、薬で症状を抑えて栄養と休息をとった方が抵抗力が増すでしょう。治すためには、いかに自己免疫力を高めていくがが大切になります。

医者が出すものはしっかりと飲みましょう

風邪は万病のもととも言われており、さまざまな疾患を併発させることもあります。そのようなリスクを考えて、病院では念のために抗ウイルス剤を処方することもあるようです。また、「飲んだから治る」と思うことで体調もそれに合わせて良くなるプラセボ効果の目的もあると言われています。

一見病院に行く意味がないと思われがちですが、それでも自己判断だけでどうにかしようと考えることはオススメできません。風邪とインフルエンザの区別が付きにくいように、もしかしたら他の重大な病気だったということもありえます。身体に異常があったらすぐにかかりつけ医に相談するということは、健康のためにも大切なことです。

風邪薬は体調が酷く食事や睡眠がとれない時に飲みましょう。症状が軽い時に使うと、副作用でかえって辛くなることがあります。病院の治療薬は適切な判断を元に処方されるものですので、必ず指示に従って服用しましょう。

Pocket
LINEで送る
Share on GREE
Share on StumbleUpon