【カフェインが効く】仕事中眠くならない医薬品

Pocket
LINEで送る
Share on GREE
Share on StumbleUpon

仕事中にどうしても襲ってくる眠気。適切な薬を使用して、スッキリと集中できる環境を作りましょう。居眠りをするとどうしても「不真面目だ」という印象を与えてしまいます。しかし、実はそれが病気であることも考えられます。

眠気除去剤はドラッグストアでも買えます

コーヒーやお茶で知られるカフェインを主成分とするものです。栄養ドリンクによく含まれており、中枢神経を刺激して眠気や疲労感を取り去ってくれます。

効果が強い分副作用もあり、人によっては不整脈や不眠症、消化器系の異常などが起こることがあるようです。また、常用すると頭痛が起きやすくなるとも言われています。あくまでここぞという時の切り札として使うようにしましょう。

服用している薬の副作用で眠くなっていることもあります

何か飲んでいるという方は、一度手元の医薬品を確認してみましょう。もしかしたら、眠気を引き起こすものが含まれているかもしれません。しかし、実際にあったからと言って自己判断で飲むのを止めてはいけません。医師によく相談して、薬を取り替えてもらえないか検討してもらいましょう。

過眠症の可能性も考えましょう

何をしても昼の眠気が収まらないという方は当てはまるかもしれません。例えば、以下のような方はナルコレプシーという睡眠障害が考えられます。

・1日に3~5回ほど居眠りをする
・1回ごとの時間は10分ほど
・眠り始める時に幻覚を見ることがある
・金縛りにあうことがある

これらが当てはまる方は、ぜひとも専門の病院を受診してみましょう。他にも、突発性過眠症や反復性過眠症といったものも存在するようです。

仕事中にどうしても眠くなってしまうという方は、カフェインが含まれている眠気除去剤がオススメです。また、服用している薬の中に眠気をもよおすものがないか確認してみましょう。もしそれでも改善されない場合は、睡眠障害の可能性があります。これは立派な病気ですので、必ず病院に行って治療しましょう。

Pocket
LINEで送る
Share on GREE
Share on StumbleUpon